まねろぐ

独身時代は散財していた30歳男がお金の管理について考えはじめた話

自動車保険を見直してもいいですか?

f:id:teed:20170712224625j:plain

かれこれ免許を取ってから10年以上たちまして、今まではディーラーの担当者の方に
自動車保険は丸投げにしていたんですよね。

収入保障保険と学資保険(終身保険)の相談で『ほけんの窓口』を利用したんですが、
ついでに自動車保険も見直してみました。

www.hokennomadoguchi.com

今までのプランと見直しをしたプランの比較をしていきたいと思います。
f:id:teed:20170721213856p:plain

大きく違う点として新プランの朝日火災海上保険7年までの長期契約が可能というところです。

下のグラフを見てみましょう。

f:id:teed:20170719215430j:plain

無事故の場合

1年契約
毎年の更新年で等級が上がっていきますので、保険料は徐々に安くなります。

長期契約
契約時の等級が14等級になりますので、6年間14等級での保険料で支払いが発生します。
しかし、長期契約割引が効いてくるので6年間で支払う保険料は長期契約の方が13000円安くなります。

4年目に3等級ダウン事故を起こした場合

1年契約
4年目は17等級ですが、事故を起こしたことで14等級になります。翌年からは事故有係数が適応されるため保険料が割増で請求されてしまいます。事故有係数は3年間適応されます。

事故有係数とは?
事故を起こして自動車保険を使うと、「事故有」の低い割引率が適用され、保険料負担が大きくなる。

長期契約
長期契約中に一度だけの3等級ダウンならば事故有係数が適応されることがありません。そのため1年契約との保険料の差は10万3000円と大きく変わってきます。

みなさんももう一度保険の内容を見直してみてはいかがでしょうか?
僕の場合は運転者制限や障害一時金の設定が不要な契約部分と今回の見直しで分かりました。

公開!投資・積立の内訳(2017年7月現在)

f:id:teed:20170712223427j:plain

今回は現在行なっている投資・積立について簡単にまとめてみます。

f:id:teed:20170713005801p:plain

私学共済積立

毎月の給料より天引きされるため、わざわざ振り込む手間もなく貯蓄できます。
年利は現在0.25%(以前は0.5%)で月々30000円
ボーナス時は夏冬それぞれ10万円積み立てています。

引き出すのに多少手間はかかりますが臨時の出費にも対応可能です。

銀行に預ける普通預金では利率が年0.001%ですから大分違いますね。

海外ETF(ロボアドバイザー)

wealthnaviにて30000円/月の積立をしています。自動積立は手数料がかからないのでおすすめです。
初期投資は80万円にしました。(最低投資額は30万円になっています。以前は100万円でしたから大分登録のハードルが下がりました)

詳細はまた別のブログでまとめたいと思います。

www.wealthnavi.com

仮想通貨

2017年は仮想通貨元年ともいわれ現在注目を集めています。
ビットコインという名前は耳にしたことがある方も多いのでは?

Mt.GOX社の破たんやランサムウエアの身代金の要求方法としても利用されていたので
あまりイメージが良いものではないかもしれません。

私は2017年の3月からの参入ですが現在投資額としては30万円で、別に10000円/月を自動積立しています。

仮想通貨についても別の記事にてまとめたいと思います。

低解約返礼金終身保険

学資保険の代わりとして低解約金型終身保険に加入しました。
僕が円建て、妻がドル建てで積み立てています。

確定拠出型年金ideco

来月より楽天証券にて12000円/月の積立を開始します。 海外株式65%、国内株式25%、海外債券10%にてポートフォリオを組んでみました。
よくわからないのでバランス型のでもいいかなとは思いましたが…

こちらもまた別に記事をまとめたいと思います

積立NISA

こちらは来年からの実施予定ですので現在は未実施です。

投資・積立する金額はどれくらいがいいの?

f:id:teed:20170709223242j:plain

よし!投資、積立を始めよう!
そう思ったとき自分の収入のどれくらいを貯蓄に回せばいいのか?どれくらいを投資に回すのか悩むところですよね。

そこで、まず毎月の支出を3つに分類します。

1. 消費

生活に必要なものに使うお金。
ex.食費、住居費、水道光熱費、教育費、被服費、交通費など

2. 浪費

生活に必要がなく、無意味で生産性のないものに使うお金。
ex. 嗜好品、ギャンブルなど

3. 投資

貯金、金融商品への投資など

f:id:teed:20170709221428p:plain

そのうえで、収入を100とした場合、
『消費』を70%、『浪費』を5%、『投資』を25%に分けていきます。

『投資』については更に、

  • 貯金: 15%
  • 金融商品への投資や自分への投資:10%

に分けていきます。

実際に積立を始めてみて、投資に回す分を増やしたり、減らしたりその都度調整していけばいいと思います。

現在僕がしている貯蓄(投資)額は7万円/月
そこに今後は、idecoの12000円と積立NISAの30000円が追加される予定になっています。

今回紹介した内容は『3000円投資生活』に書かれています。

投資について知識が0の方でも分かりやすくまとめられていますので、とても参考になりました。

以下にリンクを貼っときますね。

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

現金主義辞めてもいいですか?

f:id:teed:20170705220321j:plain

どうもつい最近までは現金主義のteedです。

株を買う、投資をするなんて賭け事みたいなことは危ない。
お金はコツコツ貯める方がいいんだ!!!!

と考えていた頃もありました。

家庭を持ち、将来に向けて考えてたときその考えは間違ってる?
とふと考えたことからガラッと方向が変わりました。

例えば

2017年7月現在銀行にお金を預けても金利は0.001%程度。

そこで、、、

100万円をある銀行の普通口座に預けたとします。 一年後お金はどれほど増えているでしょうか?

1001000円

えっ!?100万円も入れてるのに1000円しか増えないの?

いやいや厳密に言うと、、 1000800円なのです。

増えた分の20%は税金として徴収されるので、利益として800円しかなりません。

なんてこった!

ももっといっぱい預ければ利益分も増えるしタンス預金よりもいいよね? ともおもってましたが、これも間違いでした。

その犯人の名前はインフレです。

インフレとは、『物価が上昇してお金の価値が下がる』ことを言います。

極端ではありますが、例を挙げてみます。

現在100万円の新車を1年後に購入しようと思い、100万円を預金しておいたとします。

しかし1年後にその車を買おうとしたら、物価上昇により価格が200万円に値上がりしていたら??

1年後には倍の200万円を払わないと買えません。つまり、お金の価値が車の価値の半分に下がってしまうのです。

緊急時の出費に対応できるお金は引き落としが可能な銀行に入れておくことはもちろん大切です。

しかし、余剰分のお金に関しては投資をするなど動かす必要があるのでは?と考えるようになりました。

今回はここらへんでおしまい!
初めての記事なので見づらい!分かりづらい!間違ってるよ!ってところがたくさんあるかと思いますが、徐々に改善出来ればと思っています。

はじめまして

こんにちは!teedです。

結婚、子供の誕生を期に今まで散財していた財産を老後、子供のために上手くやりくりしていかなければと考える時間が増えてきました。

 

そこで、備忘録のかわりにとブログをはじめてみました。

 

ブログもはじめての経験ですし、お金の管理についてもゼロの状態からのスタートです。

 

とりあえずはブログをながーく続けることを目標にツラツラ書いていければと思います。

 

簡単なプロフィール

  • 名前:teed
  • 年齢:30歳
  • 性別:男
  • 家族構成:自分、妻(30代)、子供(0歳)、義父(70代)、義母(60代)
  • 住まい:関東、持ち家

 

今後の投稿予定

  • 家の購入について
  • 家の売却について
  • はじめての生命保険
  • はじめての投資
  • 不用品をメルカリに出してみた結果